目標は一度で聞き取ることができること。

普段の会話でも、2回ずつ言わないし、

学校の先生も何度も言ってくれません。

流れる会話を一度で聞き取る練習です。

でも聞き逃すことって大人でもあるし。

そんな時は、読んであげてくださいね。

聞ける体制に入っているかも確認して、

ゆっくり  ハッキリ と!

一文が長い時は、途中で切ってオッケー👌

「何度も読みなさい」は、

「何度も何度も読むまで分からなくていい」 

「一度しか読まない」は 

「一度で聞き取り理解する」
最初からは無理でも、

だんだんできるようになります。
この問題を聞くという姿勢は、

集中力を高めます。
聞く姿勢を見るだけで、

本日のやる気モード数値が

よーく見えます。

一文の半分でも意味がわからない時は、

文節単位まで短くします。
最後は単語単位まで短くします。

子どもの状況に合わせて

区切る場所を考えます。
悩むのは、主語が長い文です。
子どもが理解できない時は、
普段の生活でも、その長さの会話は
実は  理解できてないかも。

ぼやーっと聞く姿勢を正すためにも

「一度しか読まない」は、
実践してみてください。