低学年は特に不要です。

高学年は式が必要です。

絵が先です。

 

 

式から書くとイメージせず、

数字の操作だけで解くことがあります。

意味がわかっていなくても、

式みたいなものは書けますから。

しかも、なんとなく計算していると、

解いてる風、

考えてる風、

やってる風に感じます。

教室の子ども達を見ていると、

考えたくない時、

意味がわからない時、

筆算をやたらとはじめる気がします。

 

 

低学年のうちは、絵だけで十分です。

最後に式を書ける子は書いてもらいます。

高学年の子は、最後に式を書きます。

考えた過程を算数語に変換します。

慣れてくるとある程度の絵を描きながら、

式を途中で書いています。

1倍+5倍=6個ぶん

つまり  1+5=6

のような式を思いつかない子もいます。

基本的に問題文に出てこない数字は、

どう導いたのかを表す式が必要です。

そのためにも、絵図を見やすく、

整理しながら描いていきます。

絵図、筆算、式、答えの4点セットが

プレゼン資料のようにまとめて書ける

ようになるといいですね。

 

 

四年生から徐々に練習して、五年生からは

書けるようにしていきましょう。

たまに、筆算を式と思っている子がいます。

筆算はメモです。

式は

18×2=36

といったイコールで繋がれたものです。

学校の文章問題は、1つか2つの式で

解けることも多いです。

どんぐり倶楽部の問題は、

式がたくさん並ぶことも多いです。

式を見れば、いかに複雑なことを

しているのかがわかります。