絵を描いて、問題も解けるんです。

でも、式が書けなくて困っています。

 

 

低学年のうちは、式は必須ではありません。

高学年からは書いてもらいます。

 

絵が描ける → 文章、問題を理解

答えが出せる→ 絵から答えを選択判断

 

低学年では上記までで十分です。

全学年、絵図が先です。

絵図で考えて見通しをつけます。

 

4年生からは徐々に慣れて、

5年生からは考えた過程を

最後に、式に変換します。

 

式から考えると、

数字の操作に走りがちになります。

 

意味がわからなくても

式は適当にたてられます。

やってる風、

問題を解いている風、

に見せることもできます。

 

先日、小4男子が取り組んだのは、

カブト君たちが牛乳を飲む問題。

 

最後に式を書きました。

問題文に出てこない数字は、

その出所も式にしていきます。

問題文にない数字は式に使えません。

 

式は全部で10個も並びました。

学校の問題は、式が1つか二つ。

それを何とか足したり引いたりして、

それらしい数字を出そうとしませんか?

 

 

最初の慣れないうちは

式が書けないかもしれません。

考えた過程をゆっくり辿りましょう。

 

1+2=3

のような式は、1年生しか書かない

と思っているかもしれません。

何倍という問題の時など必要になります。

 

よく間違えるのが、筆算です。

筆算は、メモであり式でありません。

 

割算を使わずに考えた場合は、

引き算が延々と続くときもあります。

1600-100=1500

1500-100=1400

1400-100=1300・・・・・

 

どんぐり問題では式が1つで

終わらないことが多いです。

それだけ、絵を描くと

簡単になるということ、

そして、複雑な思考をしている

ということです。

 

慣れてきたら、あちこちに書かず、

右下など、まとめて書くようにします。

 

絵が描けているなら、できます。

大丈夫です。

 

【まとめ】

式は、考えた過程を算数語にしたもの。

式は最後に考えた順をたどること。

低学年のうちは、書けたら書く。

式から取りかからず、絵が先。

高学年は式の場所を決めてまとめて書く。