親子で絵を描く

どんぐり倶楽部の問題で思考力を養成する

朝子先生です。

 

教室では、問題文を全て絵にしていきます。

そのとき、見逃しがちなこと

 

3倍の絵を  「 ×3 」

と書かないようにすることです。

 

これだと、わかりません。

何が?

本当に3倍がわかっているのかどうかが!

 

見ただけで3倍がわかる絵を描きます。

つまり、一つ分の絵と、三つ分の絵です。

 

見ただけで、どちら多いか(大きいか)、

どれくらい多いかがわかるように。

 

小さい子が見てもわかるようにと

声掛けをしています。

 

絵を描いてもらうと、

4倍の絵描く子もいます。

 

1倍の絵に、3つ分を足すんですね。

(;゚Д゚)

だから、絵を見ればわかるんです。

 

糸山先生の

「9歳前後ですべきアドバイス」

必見です。