syou3m

「足し算? 引き算? どっち?

それ教えてくれたら、できる!」

と言う子どもになっていませんか。

 

文章読んでないし、

意味わかってないし、

考えてないし、

でも、すぐ答えを出そうとする。

 

それはとても危険!

 

ゆっくりの時間は、小学生の特権。

一文ずつ、自分の世界観を持って絵に描く。

こんな簡単なことこそ大切な「考えるの素」

 

本物って、何でも シンプル。

 

ゆっくり、じっくり、丁寧に。

足し算、引き算を習ってない、

年長さんの方が、簡単に解くこともある。

 

引き算を習ったがゆえに、

式から考えなきゃと思い、

文章中の数字の操作をして、

結局、意味もわからないまま答える。

 

本来、式とというのは、

考えた過程を算数語にするだけなのに。

 

今は、良いのか悪いのか

たくさんの情報にあふれている。

大切な子どものために、

一番良い教育法を考えてあげたい。