dennsenntori

「できる」で満足しない

算数教室の朝子先生です。

 

先日の教室の話。

電線に、電線亀がとまっているという

文章問題がありました。

電線って何?と聞かれたので、

「電柱と電柱の間にある黒い線だよ。

風が吹くとゆらゆら揺れてるよね。

お正月の凧上げの時に邪魔だよね。」

 

「電柱って何?」

 

(えーっ?見たことないんだΣ(゚д゚lll))
「じゃ、見に行こう!」と言って外へ。

 

すぐ目の前に電柱発見。

「20m先にも電柱が見えるね。

電柱と電柱の間に何本も黒い線があるね。

あれが、電線だよ。」

 

「その次の電柱はあそこ!

あそこまで競争しよう!」

 

電柱まで走って競争をしたことない。

電柱までかばん持ちをしたことない。

電線が何かと邪魔だと思ったこともない。

 

本当は問題解くより、

誰が早いか競争をしたかった。
現代に生きる子どもたち

頑張れ!!!