通えない人 Cコースを受講して頂きました。
感想をお聞きしました。

1.なぜCコースを受けようと思ったのですか
→どんぐりについては、ほとんど知識がないため、はじめるのであればきちんと説明を聞いてからでないと、どこから手をつけて良いのかわからなかったので。

2.聞いてよかったと思ったことは何ですか
→一通りの流れと、やるにあたっての具体的な注意事項を聞かせて頂き、イメージがわいたことが良かったです。

3.その他
→とてもわかりやすかったです。

どうも、ありがとうございました。
実際にやってみると、疑問が出て来たり、うまくいかなったりします。

私が、10年前に始めようと思った時、とにかく仕事が忙しく、ホームページを読み込む余裕がなかったのです。
良いのはわかっているし、絶対学力の本も読んだけど、今思い起せば何も理解できていませんでした。

そしてどんぐり倶楽部公式ホームページは解読するのに、手ごわすぎました。
そして気づけば子どもは10歳を過ぎていたのでした。

え~(;゚Д゚)

という私のような不幸なお母さんが少しでも減るように、
通えないけど、どんぐりの良さに気付いているお母さんのために、
このどんぐりCコースをはじめました。
(少し前までは、どんぐりカフェという名前でした。)

悩み多く誰にも聞く人がいない、ブログをしている人も少なかった10年前、
挫折し、間違ったやり方で、泣かせながらさせてしまった大反省点をモリモリ盛り込んで、
お話ししております。
2時間オーバーのこの話を聞くことで、
具体的などんぐりのすすめ方と母の心構えと覚悟を理解して頂けます。
具体的などんぐり倶楽部公式ホームページの見方、
問題の購入方法、
具体的な問題の選び方、
実際に取り組む時のイメージ、
必要なものと、その理由、
わからなかったときの対処法、
見開き2ページの意味、
環境設定の意味、
なぜ環境設定が必要なのか、

などなど盛りだくさんでお話ししています。
大切なところ、すぐ見られるようにプリントも準備しております。
なんといっても、1回完結型ですから。

私が、はじめるときに、こんなことを知りたかったです。
10年前の私に教えてあげたいと、本当に思います。

今は、かなりどんぐり人口も増え、ブログも多くなり、先生も増えてきたように思います。
それでもまだまだ認知度は低いです。

ほとんど無料に近い、この絶対学力が身に付くどんぐり式。
日本中に広まりますように。

ゼロイチ asako先生