「できる」から「わかる」へ 思考力が育つ朝子先生の算数教室

ようこそ ゼロイチへ

このサイトでは、朝子先生の教室の様子や、

お母さんからの質問などを随時更新しています。

「朝子先生のゼロイチノート」のページでは、

カテゴリに分けた目次があります。

気になるものから見てくださいね。

 

 

思考回路が作られるのは12歳までです。

それまでに必要なことは、

豊かな自然体験と、ゆっくりの生活、

主体的にじっくり考えられる環境です。

 

糸山先生の どんぐり倶楽部の教材で、

一生の宝となる思考回路を育てると同時に、

お母さん方のサポートをさせて頂きます。

 

絵を描きながら問題を解くことで、

ゼロからイチを生み出せる視考力

(考える力)を養成していきます。

 

文章問題の意味がわかれば、

年長さんでも割り算の問題が解けます

 

意味がわかってなければ、

高学年でも年長さん問題が解けません。

 

絵を描くことで

子供たちの頭の中が見えます。

 

じっくり、ゆっくりと

時間制限はなし。

リラックスした環境下でこそ、

思考力は育っていきます。

さあ、まずはどんな問題かやってみませんか。

各教室のご案内・・・教室について(通える人)

通うことのできない方や、遠方の方へ・・・教室について(通えない人)

教室の様子、お母さんからの質問などのブログ・・・ゼロイチノート

お問い合わせや、質問、お試し問題希望の方・・・お問い合わせ

朝子先生のゼロイチノート

子どものお菓子の量、多すぎない?

前回に引き続き、お菓子について 具体的にお菓子の適量ってどう考えれば良いのか。 私と教室のお母さんとでは かなり乖離があるような気がして(^^; 私の考える適量は、クッキー二枚と飴一個程度。 遊んでいる時はなし。 子ども …

どんぐり倶楽部の考えるお菓子とは

私の教室では、飲み物とお菓子は自由。 持ってくる子もいれば、持ってこない子も。 ものすごい量を持ってくる子も、少ない子も。 それで、どんぐり倶楽部代表の糸山先生に聞きました。 すると、私のお菓子の認識が甘かったことが判明 …

お母さんからの質問・・・漢字を覚えられないんです

私の教室では、学校から出される漢字の宿題も 制限することをお勧めしています。 え????? だって、書いても覚えないんですもん。 うちの子なんて、「信」の字の練習は、 まずニンベン「イ」だけ書いて、 その後右側の「言」だ …

割算が苦手な子ども達

割算が苦手な子ども達 ではなく、 割算が苦手だと思っていない子ども達 の方が正しいかもしれません。 「箱に20個のおまんじゅうが入っています。 1箱1000円です。 お饅頭1個、いくらでしょう?」 私たち主婦は、同じ商品 …

ピザゲームで分数計算

先日、ピザゲームをしました。 2分の1 3分の1 6分の1 にカットしたピザを3枚ずつもって、じゃんけん大会です。 最終的にどちらのピザの方が大きいかを競うゲームです。 単純なじゃんけんゲームですが、結構盛り上がりました …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © zeroichi All Rights Reserved.